遺言では何ができるのでしょうか

自分の死後に自分の財産をどのように処分して欲しいかを遺すことを「遺言」といいます。つまり、自分の財産処分に関する最終の意思表示なのです。この最終の意思表示を記した書面を「遺言書」といいます。

ところで、「遺言書」と「遺書」は全く違うものです。
遺書は、「私が死んだら、兄弟仲良く幸せに暮らしてほしい」といった、残された家族へ自分の思いを伝えるためのものです。ですから、遺書には何を書いてもよく、また、必ず書面にしなければならないわけではありません。

ところが、遺言書は遺書のように単なるメッセージではなく、自分の死後の財産処分に関する意思表示を実現してもらうために作るものなのです。
遺言の内容を実現してもらうためには、だれが見ても、その内容がはっきりとわかる遺言書をつくらなければなりません。そこで法律は遺言書を作る上でのさまざまなルールを定めているのです。

遺言は「遺書」とは異なり、法律のルールに従い作成するものですから、何を書いても有効になるというわけではありません。遺言として法律上で有効となることは、法律に定められた事項に限られます。

«
»
 

トラックバックURL