カテゴリー: 失敗しないための相続

相続人全員で遺産分割協議をするための手続きは

遺産分割協議は必ず行わなくてはいけないということでは、ありません。遺言書があればその内容のとおり、 また、相続人が法定相続で相続する場合も遺産分割協議書は必要ありません。

遺産分割協議は、相続人が全員参加して行います。
一人でもかけているとその協議が無効になるのはご存知でしょうか。
“相続人全員で遺産分割協議をするための手続きは”の詳細は »

遺言では何ができるのでしょうか

自分の死後の財産処分に関する意思表示を実現してもらうために作るものなのです

自分の死後に自分の財産をどのように処分して欲しいかを遺すことを「遺言」といいます。つまり、自分の財産処分に関する最終の意思表示なのです。この最終の意思表示を記した書面を「遺言書」といいます。
“遺言では何ができるのでしょうか”の詳細は »

相続の審判手続き等を裁判所が担当する

相続で話がまとまらない場合は家庭裁判所に審判手続きを申請します。不明点は司法書士がよく知っている。

相続で話がまとまらない場合は家庭裁判所に
審判手続きを申請します。
“相続の審判手続き等を裁判所が担当する”の詳細は »

最近は相続放棄もよく使われます

家庭裁判所に「相続放棄申述書」を、相続できることを知ったときから、3カ月以内に提出しなければなりませんよ

相続放棄とは?
第938条
相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。
“最近は相続放棄もよく使われます”の詳細は »

廃除 って珍しい制度もあるのだ

相続人に脅迫したり、暴力を振るったり、すれば、もちろん相続財産なんてあげられませんよ

遺言などで被相続人の意思によって相続権を失う制度のことを廃除といいます。
廃除の対象となるのは遺留分を有する場合です。
“廃除 って珍しい制度もあるのだ”の詳細は »

死亡した人が連帯保証人になっていた場合の相続

相続人が複数で連帯保証人の債務を分割して相続してよいかどうかは難しいようです。

借金の単なる保証人の場合は、
保証人は主たる債務者から破産や行方不明の宣告以外の際には「主たる債務者に請求を求める」ことで支払いは拒むことができます。
“死亡した人が連帯保証人になっていた場合の相続”の詳細は »