遺産になる相続財産の評価の目安について

被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から共同相続人の協議で定めたその者の寄与分

土地
評価=路線価×奥行価格補正率×地積
※小規模宅地等の評価の特例あり。
家屋
評価は固定資産税評価額。
“遺産になる相続財産の評価の目安について”の詳細は »

最近は相続放棄もよく使われます

家庭裁判所に「相続放棄申述書」を、相続できることを知ったときから、3カ月以内に提出しなければなりませんよ

相続放棄とは?
第938条
相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。
“最近は相続放棄もよく使われます”の詳細は »

廃除 って珍しい制度もあるのだ

相続人に脅迫したり、暴力を振るったり、すれば、もちろん相続財産なんてあげられませんよ

遺言などで被相続人の意思によって相続権を失う制度のことを廃除といいます。
廃除の対象となるのは遺留分を有する場合です。
“廃除 って珍しい制度もあるのだ”の詳細は »

贈与税のかからない財産と相続

贈与税のかからない財産を利用してできるだけ相続時の財産を減らす方法

110万までは贈与税が免除されますが
それ以外にも課税されない財産があります。
“贈与税のかからない財産と相続”の詳細は »

相続の遺言は限定された人だけ作る

15歳以上は何の能力の決まりもなく相続の遺言をすることができます。この基準としては一般的な判断能力がそなわって来ているころということで設定されているものなんです

民法では遺言をすることができる年齢を15歳からと定めています。
言いかえれば15歳以上は何の能力の決まりもなく遺言をすることができます。
“相続の遺言は限定された人だけ作る”の詳細は »

死亡した人が連帯保証人になっていた場合の相続

相続人が複数で連帯保証人の債務を分割して相続してよいかどうかは難しいようです。

借金の単なる保証人の場合は、
保証人は主たる債務者から破産や行方不明の宣告以外の際には「主たる債務者に請求を求める」ことで支払いは拒むことができます。
“死亡した人が連帯保証人になっていた場合の相続”の詳細は »

最新の記事 »