遺言による相続分の指定をする時の注意

902条 1項 被相続人は、前2条の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。ただし、被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。
2項 被相続人が、共同相続人中の1人若しくは数人の相続分のみを定め、又はこれを第三者に定めさせたときは、他の共同相続人の相続分は、前2条の規定により定める。これに対して899条 各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。相続の方法:現物分割・・・・遺産をそのままの形でわける方法。

換価分割・・・・遺産を売却して、金銭にかえて、その金銭をわける方法。代償分割相続人の誰かが、遺産を取得して、その相続人がその他の相続人に、相続分に応じた金銭を支払うという分け方です。

共有分割・・・・遺産を相続人の何人かで、共有にする。遺産分割は相続人の間で話し合いを行うことが必要です。話し合いで、まとまらなければ、家庭裁判所へ申し立てを行い調停、審判ということになります。

遺産分割がまとまれば、遺産分割協議書を作ります。遺産分割協議書は、不動産を相続登記するときや現金の預金などを動かす際にも必要となります。
(特別受益者の相続分)903条 1項 共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前3条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。

«
»
 

トラックバックURL