財産を引き継ぐための不動産手続きについて

固定資産の評価証明書を取得するためには、不動産の所在地のある市区町村の税務課に交付申請をします。 交付申請ができる人は、不動産の所有者、相続人、納税管理人です。

被相続人の不動産を相続人が引き継ぐためには、相続を原因とする
所有権の移転登記の手続きをその不動産の所在地を管轄する法務局に
“財産を引き継ぐための不動産手続きについて”の詳細は »

相続人全員で遺産分割協議をするための手続きは

遺産分割協議は必ず行わなくてはいけないということでは、ありません。遺言書があればその内容のとおり、 また、相続人が法定相続で相続する場合も遺産分割協議書は必要ありません。

遺産分割協議は、相続人が全員参加して行います。
一人でもかけているとその協議が無効になるのはご存知でしょうか。
“相続人全員で遺産分割協議をするための手続きは”の詳細は »

遺言をすることができる者

遺言は、遺言者が単独で自由な意思によりしなければならず、また、自由に取り消すことができるものでなければなりません。

遺言では、自分が死亡した後の財産の処分方法を自由に定めることができますが、
誰もが遺言をすることができるわけではありません。
“遺言をすることができる者”の詳細は »

遺言では何ができるのでしょうか

自分の死後の財産処分に関する意思表示を実現してもらうために作るものなのです

自分の死後に自分の財産をどのように処分して欲しいかを遺すことを「遺言」といいます。つまり、自分の財産処分に関する最終の意思表示なのです。この最終の意思表示を記した書面を「遺言書」といいます。
“遺言では何ができるのでしょうか”の詳細は »

遺産分割にはどのように行われるのでしょうか

後日の争いを避けるためにも遺産分割協議書は作成することがあります

遺産分割協議書を作成するという言葉を聞いたことがあると思いますが、
一体その遺産分割協議とはどのようなもので、どのようにしておこなわれるのでしょうか。


“遺産分割にはどのように行われるのでしょうか”の詳細は »

相続手続をそのままにしても大丈夫でしょうか

やっかいなことはなかなかやりたくはないと思われるのですが、
相続手続きを行わないとどうなるのかご存知でしょうか。


“相続手続をそのままにしても大丈夫でしょうか”の詳細は »

相続の遺留分を説明させてもらいます

遺言により自己の全ての財産を処分しても、相続人の遺留分を害することはできません

遺言により自己の全ての財産を処分しても、相続人の遺留分を害することはできません。遺贈や相続は有効なのですが、相続人から遺留分減殺を受ける前提であるとしておきましょう。(民法1041条)。
“相続の遺留分を説明させてもらいます”の詳細は »

相続のその他の特別な遺言の形があるんだ

相続の公正証書遺は内容を公証人に口授し、公証人が証書を作成する方式であって、信頼性が高い

一般隔絶地遺言
伝染病による行政処分によって交通を断たれた場所にいる人の
遺言方式(民法977条)。刑務所の服役囚や災害現場の被災者もこの方式で遺言をすることが可能。
その1:警察官1人と証人1人の立会いが必要。家庭裁判所の
確認は不要。
“相続のその他の特別な遺言の形があるんだ”の詳細は »

遺言による相続分の指定をする時の注意

被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。 守るべき権利があるということだろうね。

902条 1項 被相続人は、前2条の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。ただし、被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。
“遺言による相続分の指定をする時の注意”の詳細は »

相続の審判手続き等を裁判所が担当する

相続で話がまとまらない場合は家庭裁判所に審判手続きを申請します。不明点は司法書士がよく知っている。

相続で話がまとまらない場合は家庭裁判所に
審判手続きを申請します。
“相続の審判手続き等を裁判所が担当する”の詳細は »

« 過去の記事